互換ソフトの選び方

最初はなるだけやはり、今まで使用してきた既存の従来型のCADソフトなどと対応面や利用環境などを踏まえたりしながら、商品の様子を確かめたりするためにも、先程も話した30日間無料体験版である製品種類の購入がのぞましいかもしれません。それからその30日間の利用期間を過ぎた時点で、低料金の相場からなるプランのものを購入して、グレードの方を徐々に上げていくような流れのほうが、コスト的あるいは技術的なそれぞれの面において、無難な選択方法であるでしょう。

やはり、最初からいきなり高額の相場であるソフトの購入などをしたりしても、必ずしも現在自分が使用をしている既存のソフトとAUTO CADが必ずしも確実性のある対応が出来るとは限りませんので、そうした点を確かめていくためにも、やはり無料体験版あるいは低料金版のものを、購入をしていくような形がのぞましいといえます。そして、先程も触れた、2次元あるいは3次元の何れでも対応が可能なソフトを、AUTO CADとともに購入をしたりしてみることも、お勧めの購入方法です。

また、AUTO CADとの互換性を最初から図ったうえで製作がなされたりしている他社のCADソフトなどもありますので、既存のものがAUTO CADとの対応が不可であるソフトを所持したりしている方の場合には、そのソフトと同時に購入したりする事も、ベストといえます。

互換性ソフトで経費節約

もう既に利用をされたりしている、今までのCAD関連ソフトのそれぞれによる種類にもよりますが、このAUTO CADの場合には、2次元及び3次元の何れでも、容易に互換性の面での対応がしやすいところが、先程も触れたりしたように、ありがたい特徴であるといえます。

このため、一旦今まで使用をしていたCADソフトの解約をして、今まで有料で使用していたプランを30日間の無料体験版にしながら、それと同時にAUTO CADの購入をして、そちらでも30日間無料版の同時使用を行いながら、0円で両者の商品を同時に月毎に申し込みし直しをしながら利用をしていくという方法もあります。

ただ、その場合には手続きがある程度面倒なところが少なくはありませんので、あまりお勧めではありません。そこで、無料体験版から料金相場がかなり低価格であるところのもの、あるいは、最初からかなりな低価格での相場の料金で購入が可能なメーカーが開発を手掛けている商品を購入したりするやり方が、のぞましい感じがします。確かにこれらの商品の場合には有料にはなりますが、それでもかなりな低料金で互換性の面での対応作業がスムーズに進んだりしていけますので、そうした点でも、やはりお勧めである事には間違いがありません。

互換性ソフトなら学生も使える

無償体験版や、Android版・App版からなるアプリ式仕様のソフトのものなどがありますので、お金や経済的資力が無いような学生さんであるユーザーの方にも、大変お勧めであるといえるかもしれません。今のところは、アプリ版の使用のものである商品として、「Auto CAD 360」といった、最新式のものがありますが、これは持ち運びが容易で月々の通信料などもそれほど高くはないモバイル端末機器類などにおいても、簡単にインストールが出来たりしますので、まさに、学生ユーザーさんである方などには、大いに利用価値がある、大事なツールとしてもふさわしい製品であることには間違いがありません。

また、モバイル端末機器類などを持たず、パソコンでの学習環境のみを有している学生ユーザーである方の場合にも、それまで利用していたパソコンにダウンロード・インストール済みであるCADソフト類などとの対応もしやすいので、かなりな低料金での利用がしていけます。モバイル・PCブラウザなどの、何れでのインターネット及びコンピューター端末環境においての利用が可能になっている仕様に設計をされたりしていますので、学生ユーザーの方にもとてもお勧めです。

AUTO CADは代替えができる

オートデスク社が開発・販売などを手掛けている「AUTO CAD」ですが、無償体験版から1ヶ月間から3年間までの、4つからなるサブスクライブによるプランのものがあり、大変バリエーションに育む最新式の、CAD専用ソフトウェアの一種であるといえます。そして、同ソフトの一番良い点はといえば、それまで使用をしていたCADソフトなどの互換ソフトとしての有用性が挙げられます。

例えば、今まで通常の一から設計作業を行う従来型のCADソフトや、Excel・スプレッドシートなどのような、Microsoft社やGoogle社などが扱う座標計算式ソフトなどへの対応などが、クラウドシステムとのデータの読み込みが容易な分、しやすいといった面で、それまで使用していたCADソフトの利用環境をベースにしつつ、利用が可能な仕様になっています。

このため、事前に、同ソフトと今まで自分が利用をしていたドキュメント作成ソフトなどによる、インテリジェントであるツールを使用しながら作業効率を向上させていく方法、及び、CAD機能を使用しながら図面での精度を上げていく方法、それぞれに関しての設計方法手段に関しての対応を確かめたりしたうえで、同社の担当者の方による見積もりをしていくといったような、申し込みの流れになっていくので、申し込みでの段階では煩わしさがある程度あるかもしれません。しかし、この流れが順調に進んだりすれば、自分がのぞむような現況に合わせながらでのドキュメントの作成が自由自在に可能になりますので、そうした点で、ユーザーさんからのかなり高い評価がある商品です。

カレンダー

2017年5月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031