互換ソフトの選び方

最初はなるだけやはり、今まで使用してきた既存の従来型のCADソフトなどと対応面や利用環境などを踏まえたりしながら、商品の様子を確かめたりするためにも、先程も話した30日間無料体験版である製品種類の購入がのぞましいかもしれません。それからその30日間の利用期間を過ぎた時点で、低料金の相場からなるプランのものを購入して、グレードの方を徐々に上げていくような流れのほうが、コスト的あるいは技術的なそれぞれの面において、無難な選択方法であるでしょう。

やはり、最初からいきなり高額の相場であるソフトの購入などをしたりしても、必ずしも現在自分が使用をしている既存のソフトとAUTO CADが必ずしも確実性のある対応が出来るとは限りませんので、そうした点を確かめていくためにも、やはり無料体験版あるいは低料金版のものを、購入をしていくような形がのぞましいといえます。そして、先程も触れた、2次元あるいは3次元の何れでも対応が可能なソフトを、AUTO CADとともに購入をしたりしてみることも、お勧めの購入方法です。

また、AUTO CADとの互換性を最初から図ったうえで製作がなされたりしている他社のCADソフトなどもありますので、既存のものがAUTO CADとの対応が不可であるソフトを所持したりしている方の場合には、そのソフトと同時に購入したりする事も、ベストといえます。

About the author

カレンダー

2017年1月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031